やおら日記

日々のあれこれを なんやかんや書いているナマケモノ日記

1月に購入した本と鳥取旅行で出会った本

2023年1月に購入した本をアーカイブ。だいぶ久しぶりに詩集(詩画集)を手に取りました。鳥取での旅で出会った1冊について買いています。

【邦画】『告白(2010年)』感想

「イヤミス」の女王とされる湊かなえ原作の『告白』。2010年の作品ですが、学校という空間に生じる異質な空気がまじまじと感じ取れる作品。

【島根・鳥取旅行記5】水木しげるの故郷 境港市 後編

【島根・鳥取旅行記5】水木しげるの故郷 境港市(後編)。水木しげるロード、水木しげる記念館、米子鬼太郎空港などなど、水木しげるの旅を満喫してきました。海鮮丼も美味しかった。

【島根・鳥取旅行記4】水木しげるの故郷 境港市 前編

【島根・鳥取旅行記4】境港市水木しげるロードへの旅(前編)。鳥取に行くなら、ここは外せない。

12月に購入した本と2022年の個人的振り返り

2022年12月に購入した本をアーカイブ。そして2022年の振り返りをしました。とても悔しい1年。

柏書房編集部・編『絶版本』感想

「あなたがいまこそ語りたい『絶版本』はなんですか?」をテーマにした柏書房編集部『絶版本』の感想記事です。木暮もこの本の中から気になった絶版本を1つ書きました。

【洋画】『ブックセラーズ』感想

アメリカ・ニューヨークで毎年開催されているニューヨークブックフェアで活躍するブックセラーたちのドキュメンタリー映画。本棚がこれでもかと登場するのと、日本以外での古本の立ち位置を見ることができ、興味深い作品です。

11月に購入した本と童心に帰った本

2022年11月に購入した本をアーカイブ。 10月に引き続き、読書の秋に翻弄された木暮の購入本リストです。建物についての本はなんだか読んでいて楽しいです。

【小説】高瀬隼子『おいしいごはんが食べられますように』感想

「職場で誰もが感じるけれど、言葉にはできない。」そんな感情が生々しく文章に表れている『おいしいごはんが食べられますように』の感想記事です。

【ビジネス書】スペンサー・ジョンソン『チーズはどこへ消えた?』

自分はスニッフなのか、スカリーなのか… はたまたヘムなのか、ホーなのか… 読んでみると自然と自分がどのキャラクターと同じ行動を取りがちなのかが見えてきました。変化に柔軟に対応するのは難しいことだとは思いますが、その場に停滞することだけは避けた…

【小説】村田沙耶香『コンビニ人間』感想

村田沙耶香『コンビニ人間』感想記事。特異な性格のように書かれている主人公に共感する人は案外多いのではないかと思う木暮でありました。

10月に購入した本と紹介したい本

2022年10月に購入した本をアーカイブ。 今回は購入が月末に集中したので、まだ読めていない本が多々ありますが、その中でもコンセプトが面白い本があったので、その本について書きました。読書の秋の今を謳歌したいと思う木暮でした。

平野啓一郎『私とは何か 「個人」から「分人」へ』

平野啓一郎『私とは何か 「個人」から「分人」へ』の感想記事。 少し長くなりました。 「分人主義」という考え方を知ってほしいという強い気持ちから書いた記事です。 ぜひ『私とは何か 「個人」から「分人」へ』を読んでほしいです。

【漫画】藤本タツキ『ルックバック』感想

藤本タツキ『ルックバック』感想記事。作中で印象的だった言葉と、作品タイトルに関して、考察記事も踏まえながら書いています。藤本タツキ氏の作品は、今作が初めてだったので、徐々に他作品にも進出していきたいところ…。事前に知識はいらない!とにかく読…

【小説】カツセマサヒコ『明け方の若者たち』感想

カツセマサヒコ『明け方の若者たち』 映画化もした本作は、木暮的には共感しながら一気に読み上げることができた、最近なかなかなかった好みの文体の小説でした。作中で特に印象的だった人生観について、引用文も含めて感想を書いています。

9月に購入した本と、持っている本をまた買った話

2022年9月に購入した本をアーカイブ。毎回、「別記事にします」と書いていますが、実現までは遠い木暮がお届けしています… 本のジャケ買いって良いよね!!

【豆本】『地球の歩き方 2021〜22 パリ&近郊の町』

単三電池とほぼ同じサイズ感 先日の三連休で姪と買い物に出ていたところ、スーパーのカプセルトイコーナーに「豆本」のカプセルトイを見つけました。 姪に便乗して木暮は、1回500円のガチャを回したのでありました… サイズ感については後述しています。 単…

【漫画】平庫ワカ『マイ・ブロークン・マリコ』感想

平庫ワカ『マイ・ブロークン・マリコ』を読んだ感想を書いています。 実写映画化もされ、今月末(2022年9月30日)に公開予定です。 何度も読み返してしまう漫画です。

8月に購入した本と面白かった本

2022年8月に購入すた本をアーカイブ。疲れた心に「あるある」を… 日々、疲弊して本を読むことから遠ざかっている人におすすめの漫画をご紹介。

7月に購入した本と掘り出し物

2022年7月に購入した本をアーカイブ。【東京旅行記】の番外編も書いています。とりあえず神田古書店街に行きたい。神田古書店街を毎日見て歩きたい。どこでもドアがほしい。

【東京旅行記4】水木しげるの妖怪百鬼夜行展〜お化けたちはこうして生まれた〜 編

【東京旅行記4】「水木しげるの妖怪百鬼夜行展〜お化けたちはこうして生まれた〜」編。 水木しげるの100点以上の妖怪画を間近で見ることができ、妖怪研究に使用された水木しげるが所有していた古書も見ることができるので、とても贅沢な展覧会でした。

【東京旅行記3】三鷹の森ジブリ美術館編

【東京旅行記3】三鷹の森ジブリ美術館編。 人混み嫌いの木暮の人酔いをしながらの探訪の様子をお届け。1人で行っても楽しいぞ!

水木しげる『人生をいじくり回してはいけない』

水木しげるのエッセイ集『人生をいじくり回してはいけない』についての感想です。『ゲゲゲの鬼太郎』他、様々な漫画を世に送り出した水木さんの文章を是非読んでほしいです。

6月に購入した本とおすすめしたい本

2022年6月に購入した本をリスト化しました。6月に購入した中でも特におすすめの本について後半で触れています。

【本棚】今週のお題に乗り遅れておりまして…

お題「本棚の中身」について関連した記事を書きました。映画『花束みたいな恋をした』を観たときの記憶も合わせて書いています。坂元裕二作品が好きなので、それについての記事も書きたいところ…

5月に購入した本と掘り出し物

2022年5月に購入した本をリスト化しました。購入したなかでも、特に「掘り出し物」だと思った本について後半で触れています。

【邦画】『家族ゲーム』感想

掴みどころが全くない独特な家庭教師の吉本が沼田家にやってくることで始まる『家族ゲーム』。木暮は今作の違和感の波に押されて漂流しています。だれか…助けて… 後半は「食卓テーブル」に注目し『家族ゲーム』と『葛城事件』を踏まえた感想を書いています。

【漫画】いまさら『鬼滅の刃』を読み終えた話

吾峠呼世晴『鬼滅の刃』、全巻読み終えました。自分が思っていた以上に物語にのめり込み、読み終わってからもいろいろと考えが止まりません。今回はネタバレなしの感想と、「泣ける」という表現について書いています。

【漫画】うめざわしゅん『ダーウィン事変』感想

うめざわしゅん『ダーウィン事変』を読んだ感想を書いています。現時点で4巻まで発行されていますが、早く5巻が発売しないかな〜と思う毎日です。CCライセンスについても触れています。

テレビ番組でのネタバレについて思ったこと

テレビ番組で不意に喰らうネタバレについて書いています。憤り篇です。