やおら日記

日々のあれこれを なんやかんや書いているナマケモノ日記

続・電話が嫌いな件について

続・電話が嫌いな件について

このブログは、以前書きました「電話が嫌いな件」という記事の続編です。

 

はじめに 

木暮、本当に電話が嫌いなんです。

 

その理由を前の記事には書いたのですが、嫌いな理由の大きな部分を書いていませんでした。

結論から言うと、本当に当たり前のことなのですが、

 

時間を奪われるから

 

です。

 

 

時間の搾取

なんで前の記事で、これに言及しなかったのだろうと思いますが、とにかく私が電話を嫌う理由は、電話の特性に関係します。

 

電話の特性。それは

 

思い立った時に電話をかけることができる。リアルタイム性です。

 

この特性は、私にとってはとても嫌なものです。

もちろん緊急事態の時には大いに役立つ機能なのですが、

今の時代、電話以外にも連絡手段は多岐に渡っていますし、なんなら文章のやりとりの方が、その文章が後にも残るので、後々、

「言った」

「言ってない」

という無駄なやりとりをしなくて良いのです。

 

もし、文章でのやりとりで、

「そういうことを言いたかったのか。この文章じゃわかりにくいよ」

などと言われることがあれば、それは相互のコミュニケーション能力の問題であり、

もし一つの文章のみで判断できないということがあれば、そのメッセージの受取手の人が、不明点等を確認すれば、相互の食い違いは抑えることができると思います。

 

しかし、大抵メールや文章でのやりとりを、

「文章だけじゃわからない」と言う人がいることも事実で、そういう人に限って電話をしたがるんですよね…

偏見かもしれませんが。

 

あ、偏見か…

 

すみません。気を取り直して…

 

そしてこの文章のやりとりこそが、時間の搾取なのではないかとも思いましたが、

実際に電話をするには、お互いが同じ時間に手が空いてる必要があります。

どんな作業中でも、電話がかかってきたら、出るしかありません。それが本当に親しい人ならば、一旦出ずに、時間が空いた時に掛け直して事情を説明することもできますが、親しい人からの電話がもし、急を要している場合もあるため、よほどのことじゃない限り出るでしょう。

 

しかし、その内容が緊急の内容じゃなかった場合や、メールでのやりとりで済みそうな内容の場合は、電話の取り損です。

 

一旦電話をとってしまったら、それで終了です。

 

段取りをつけて動いていた場合、その段取りが一旦崩される場合だってあるわけです。

 

しかし、そんなことは電話をしてくる人は、念頭に置いていません。

 

今、気になったから 今、電話する。

相手の予定など関係ない。すぐに済む話だから大丈夫。

 

といったように、電話をかけてきます。

本当にすぐ済む内容の電話なら良いですが、済し崩しに電話が長引くこともあります。

仕事にかこつけて。

 

そういった場合が特に厄介で、本当に電話が嫌いだなと思います。

 

 

ビデオメッセージという手段

リアルタイムでのやりとりが嫌いということで、思い立ったのが、ビデオメッセージの可否です。

仕事の場合、ビデオメッセージは適用しにくいですが、

以前のブログに書いたことですが、友人間での電話で、声が聞きたいという理由ならば、電話ではなくとも、ビデオメッセージならお互いの都合の良いときにやりとりできるのだから、ビデオメッセージでよくないか?

と思っています。

 

なので、ビデオメッセージのようなやりとりを音声のみで出来る、LINEにあるボイスメッセージは、なかなか画期的だなと思っています。

 

リアルタイムで会うのは?

リアルタイムで会っている以上、会っている相手に時間を使うというのは明確にわかっていることなので、抵抗はありません。

むしろ、「声が聞きたいから。」とかいう理由なら、後日会う日をセッティングした方がまだマシです。

そういう理由での電話で、「急に」時間を奪われるのは本当に憤りです。

 

というか、木暮、究極的に家で一人でいることが幸福な時間なので、家にいてまで他人に関わりたくないというのが、本音なのです。

 

なので、会う時を事前にセッティングしたら、その日までに気持ちを切り替えていけるのですが、電話じゃそういうわけにいかないんですよね。

 

さいごに

それでは、事前に電話する日時を決めれば良いのではないか。

 

とも思ったことがあるのですが、

事前に電話する日時を決める場合、電話の開始時間は決定しますが、終了時間は明確には決めませんよね。

 

私は、事前に電話日時を決める場合、だいたい何時には終わるようにしようと伝えますが、結局間延びして、終了時間に終わることは稀です。

 

なんだかんだ、終わろうとすると

「あ!そういえば」とか「これだけは聞いてほしい」という言葉でつなぎとめられ、最終的には

「どうせこのあと予定ないでしょ?」

とまで言われる始末。

 

 

もっと他人の時間を搾取しているという意識を持ってほしいのですが。

 

そして、もっと他人が一人で過ごす時間を、他者がどうこう言うことはおかしいという認識が広がってほしいです。

 

他人が一人の時間を過ごすことは、必要な時間なのですが、その大切さを理解できない人の方が、今の世の中多いのですよね…

 

 

インドアを極めてる木暮には、本当に辛い状況です。

 

アウトドア派の人からすると、今回の文章は特に

めんどくさい生き方してるな

と思われることでしょうが、やはり私にとっては大切なことだったので、

一旦記事にさせていただきました。

 

 

私のこの考えに近い人が身近にいてくれたらな…

 

と思う今日この頃です。

 

以上、終わり。